会社がオレをいらないってさ

会社がオレをいらないってさ
早く辞めてほしいってさ

中学受験を経済学的に考える、映画の感想

映画までまだ時間があるから昼を

兼ねて食事します



以前に何故中学受験をするって話

をした事があります


理由は簡単、学力の高い大学に入る

為、では何故学力の高い大学に行く

のか?それは最後は就職です

安定した企業に入る為に親は子供に

頑張って勉強してほしいのです


まあ、ここまでは話した

では、何故受験させる?別に

勉強なら公立でもいいし

公立中学の一般的な定義は幅広い

生徒がいるってイメージです

だから、学力の高い人から低い人まで

まあ、定義はあってるが、それは昔話


経済学ではこうである

学力の差がまあ、AからEまでの生徒

がいてA=100点でB=80でC=60....

すると平均は50点となる

これが昔の中学、僕らが中学時代の


しかし、今は公立中学にはその

AやBさんはいないって事です

その人達は国立や私立に行ってしまう


すると公立中学に残るのはC=60

D=40にE=20点となる


今度はCさんがトップレベルに変わる

だから平均点は30点になる


平均点が30点なら普通の人は、まだ

大丈夫ってなる、ラクをしたいって

思考が働くから、少し前ならDとE

の中間の学力だった人間が現在は

平均の人間になる、ようは学力が

落ちてるってのはこのような

経済原理と僕は考える


ようは下に書いてあるような理由で

あると推測する


まだ、2時間近く映画まで時間あるよ

だからドトール


映画の感想

すごいよかった

内容は開かせないが

今までも現在から過去に行く

ってありましたが

それを手紙を返して行うは

まあ、あったかもしれないが

僕は初めてだったから

よかったです

おすすめです

では


↓押すと嬉しい

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。